Dayton, Ohio - 1903 / Randy Newman

ストリッパーに肩入れしちゃうルイジアナ州知事を
ポール・ニューマンが演じた映画「ブレイズ」。
本編はどーってことなかった。

「ナンダ、コレ、、、つまらん」

エンド・ロールが始まった。
州都バトンルージュの高層ビル街の空撮、
ビルの隙間の向こうにミシシッピー川が見える。
エンディング・テーマのストリングスがスーッと入ってくる、、、、
ピアノのイントロが鳴り出す、、、

Randy Newman の "Louisiana 1927"

うわぁ~なんでだ~、涙が出てきて止まらん!!

横で見てたヨメもびっくり!

ミシシッピー川を見て泣くなんて 特異体質としか思えんでしょ。



前にもあったよな~、こんなこと。。。

J.J.Walker の "Missisippie on my mind"聴いたときだ !

心配になったオレは、霊媒師のところへ飛んでって事情を話すと
水晶玉を覗いてヤツは言った。

「アンタノ前世ワァ、にゅうおりんずカラチョット川上、
 びっくすばーぐノチカク、なまずがふちノあらいぐまアルヨ」
 
「アイヤー、ソレ、知ラナカッタアルネ!!」 答えるオレ。

そうか! そうだったのか!!
どーりで手先が器用なハズだ、って(違!

Randy Newmanの話だった。

"No Direction home"がウケまくって、伝記映画の企画が追加?
とか、かまびすしいBob Dylanと並び称される二大巨頭。
あっちが大衆文学ならこっちは純文学? 違うなー、、、
あっちが名誉博士号やらノーベル文学賞候補なのに、
こっちはディズニー映画のスコア書いて日銭を稼いでるし、、、

この上なく郷愁を誘う優しいメロディ、
牧歌的なのどかさの中に秘められた
時としてシニカルで難解な歌詞の数々、、、

1903年 オハイオ州デイトンで何があったんだ?
だれか知ってるアメリカ人は居るのか?
「ご婦人方、お茶でもいかがかな?」
このノンキな歌の真実が知りたい、、、、

あるいは

明け方、牛乳配達の車の音を聞きながら
「君なしで暮らすのはさみしい」と呟く "Livin' without you"

「人の親切心があふれだしてる
(なのに)今日は雨が降りそうだ」"I think it's going to rain today"
晴れないのかよ!

南部の絶望的な貧困を歌っているのに軽やかで楽しげな
"Old Kentucky Home"

「昼間は酒を飲まない。
 1人で飲むことだってない」と言いながら
友達から貰ったcocainをやるヤク中の歌 "Guilty"

「アジアは人が多過ぎる ヨーロッパは古過ぎる
アフリカは遠くて暑い  カナダは寒過ぎる
南アメリカはワシらの名前を盗んだ
デカイのを1発落として思い知らせてやるぞ」
"Political science"


挙げればキリがない、、、、

優しいメロディにも騙されそうになる。 が、
そこここにちりばめられ潜まされた不協和音の数々、、、、、



プロに成りたての頃、最初にやった仕事は
日本のCMソングだった、、、、?
60年代、思い当たるのはBeachboysの"Little Honda"
しかないよね?
[PR]
# by alfetta20 | 2006-03-19 00:22

元ネタ / Rumour その2

a0040266_153551.jpg

こちらが、Martin Belmont の映像の元ネタです。

ヤフオクで入手したブート。
Nick Lowe の"The Abominable Showman"のプロモで
TV出演した時のモノです。83~84年頃?
"Raging eyes"やってるとこです。

このコンピは中々興味深くて、別のセットでは
Brinsley Schwarz ? も出てます。

Brinsley Schwarz ? ムービー

背格好やチョーキングの仕草、右手の使い方など
まさに Brinsley さんですが、
なにせ、小太り?髪の毛ウス!!
あまりの変りように断定することを控えさせていただきたく、、、、
[PR]
# by alfetta20 | 2006-03-18 01:54

Max / Rumour

a0040266_2165854.jpg


九州のcakeさんに教えていただいて手に入れた
全世界1000枚限定の初CD化。
いままで出てなかったのが不思議。
発売元MSIのサイトにはもう無かったので
あきらめ半分でHMV覗いたら在庫ありました。
しかもBBCライヴのボーナス・トラック付き。

いーですよ、コレ。。。。
紙ジャケにアナログ盤を模したCD、内袋入り。
オサレー。
若干定価が高めだったのは、プラケースより
こっちのがコストかかってるせいだったりして。

2nd,3rdと段々クールな仕上がりになって行ったが
この1stはホーンも入っていっちゃんアツイ。
ギュッと詰まってる感じ。

アナログのオリジナル盤発表のときから内容は折り紙付きだけど、
ボーナス・トラックがまた、いーです。
BBCライヴは以前、G.Parkerのを聴いた時、
平板でこじんまりした印象しかなかったが
こっちはヴォリューム5!上げたくらいスゴイ。
サチッちゃってヒビ割れ気味でもカンケーない
メーター、ピーク振り切れてるw みたいな

歪みを恐れてフェーダー下げなかったEng.さんに、匠w
おかげで、ギターソロ終わってヴォーカルに戻るとき
最後のノートにトレモロ・ヴィブラート小刻みにかけた
ぎゅうううぅぅぅんんん・・・つー音、ハッキリ聴こえました、
かなり減衰しつつも、、、、

あー、思い出すなー、、、サンプラザ。
機材のトラブルとかで一時間近く待たされ、出てきたメンツ見てビックリ。
他のメンバーはいかにもロックミュージシャン風なのに、
Brinsleyさんときたら50年代風オールバックのリーゼント
しかも、かなりデカメの白いジャケット。
Jazz Masterかかえてました。

Bob Andrewsはスタンバッてる間に酒飲んで出来上がっちゃってて
寝転んだり、、、してる間も、Martin Belmontはstrato かき鳴らし、、、

動くMartin Belmontはコチラ

Stick to me でトリハダ、
Don't ask me question、
Tear your playhouse down は怪しい宗教の集会、
soul shoes と New York shuffle で仕上げ、おなかいっぱい
みたいな、、、

それはさておき
閑 話 休 題

ショート・ディレイの多用や、フェイザー(懐かしw)かけたギター、
④はおなじみ「♪キャラメルコーン ・・・」だし、
⑦ときた日には「キテーキテーキテー(さんたもーにかー)」(違!
⑨のフリーキーなトーンで始まるイントロ、
などなど、どれもこれも印象深い曲ばかり。
Bob Dylanも言ってたらしいが
一緒にやりたいバンド No.1 の座は揺るがず。

あ、Levon Helm の RCO All stars でもよかったんですけど
[PR]
# by alfetta20 | 2006-03-16 21:17

tangled up in "You Tube"

"Hard Rain" TV Show がけっこう多い。
昔、テレ東でやったヤツ。
楽曲もヴィジュアルも面白くて、この辺のが1番のツボ?

"One Two Many Morning" ショックだったし、、、

ポツポツ面白いの、珍しいの、見つかりつつあるけど
素人の "ナンチャッテ V" も混ざってるから

なかなかね~、、、、


Weight

ウッドストックに出演したものの、
the Band 側からの要望で映画のほうではカットされた部分? ですか。
当時、色々理由が取り沙汰されたけど、
見たらナットク。

演奏そのものはソコソコ、しかし映像はヒドイ。
演奏シーンは中途半端なアップばかり。
間奏にインサートされるベタな映像の数々。

渋滞する車、くるま、あるいはステージの建てこみ、
まさに「こんな重いものしょってきました、、、」
つー、中学生が想像したよな "the Weight" の世界。
フェスそのもののグダグダさもあって、the Band
ウッドストックに出演したのは 失敗 でしょ。

(2.27 追記   残念、削除されました。)


Lonesome Death of Hattie Carroll

1964年のTV出演。

わかいで~す。曲の良さが又、朴訥さも引き出してるようで
やんぐ Bob Dylan の映像の中でもピカ一。
リフレインで、この頃確立された「ディラン節」?

炸裂 !!


Like a rolling stone

pu・pu・pu・pu punky !!!!!

レベルメーター振り切れてるっしょ。
ヴォーカル、サチっちゃって割れまくってるし、、、

い~な~、こゆの好っきやな~

johnny rotten と joe stramer が束になっても
かなわない。

この曲のワルツヴァージョンが存在することをバンド仲間に予言し、
のちにそれが証明された時は、思わず膝をたたいた、
なーんてこともあったっけ。。。。

唯一、信頼できるライター、Greil Marcus が言う所の
列車が轟然と疾走するようなサウンドが、まさにここにあります。

バックは Levon 抜きの Hawks。
終わった途端ステージからどんどんハケて、
楽屋口からタクシーに乗っちゃうのがオカシイ。


Isle of Wight festival 1969

30年くらい前、夕方6時55分から5分間のミニ番組、各局でやってました。
天気予報だったり、ハンナバーバラのアニメだったり、、、

そんな中、世界のニュースをやってるとこがあって(日テレ?)
そこで見たヤツだ、多分。。。。どこの倉庫にあったのか?

モーターサイクル事故のあと、隠遁生活が続き、
the Band を従えての復活第1弾。

「ビートルズのメンバーも駆けつけました」
みたいなナレーションがあったような。。。。

このステージからの "mighty Quinn" は衝撃的。
どこ行くか予測がつかないヴォーカルといい、
ほとんど単弦だけのギターソロといい、生涯ベスト・トラック for me。

"Tom thumb the blues" もイイ。
椅子に座って歌いながらズリ落ちそうでズリ落ちない、みたいな感じ、、、
(ヨクワカラン)

ツギハギだらけのライヴシーンで"No direction home"
なんて映画やってないで、このワイト島の完パケ見たいです。
どっか、倉庫に残ってないっすか?

(2.27 追記   これも削除)

the Band Pittsburgh 1970
これも削除。
20分以上で見ごたえあったのに残念。
Time to Kill とかやってたから3rd 出た頃?
で、the Band カンケー全滅。
Bob Dylan があんなたくさんあるのに
こっちは権利関係うるさいんだ。
(Levon ヌキの Hawks ならイイんだ。
the Band がダメなのね。)


Crackin up

Pub Rock の帝王、Nick Lowe。
Rock Pile からシブイ選曲。
ほかには I knew the bride しか無い。



(画像は本文とぜんぜんカンケーありません)
a0040266_143126.jpg
[PR]
# by alfetta20 | 2006-02-19 21:41

Corrina,Corrina

j.j.cale Live in session の中の1曲。

リラックスしてLeon Russelと軽くセッション、印象的です。

アルバムではあまり他人のカヴァーとかやらず、ホント数えるほどですが、

ここでは、ほかに T-bone shuffle なんかもやってます。

ハイ・スクール時代はきっとこんな感じで、バンドごっこ、みたいな、、、、、


で、Corrina,Corrina

ちょっとTex-Mex で、好きなんですよ、こゆの。

"City Girls" の元ネタじゃないかな、、、、

Freddie Fender 、 Taj Mahal なんかもやってたんで、気になって調べてみたら

61年に Ray Peterson がヒットさせ、さらにさかのぼって30年代 !!

Bo Carter というブルース・シンガーがルーツらしい。

こゆのって、でも、作者不詳、Public domain でチャンチャンとなるんだろうな。

途中で出会った ガセ情報 には笑いました。

「作者はトーマス・ニューマン」

えーーーー!? ニューマン・ファミリー?????

らんでぃ・にゅーまんのイトコ?????

Randy Newman, Van Dyke Parks , Ry Cooder, Dan Penn, Spooner Oldham, Donnie Fritts,

と来れば Mascle Shoals 同窓会

Eddie Hinton,Barry Beckett, Roger Hawkins, Jimmy Johnson, David Hood

そして御大 j.j.cale 。

(ま、枝として David Briggsとか Otis Redding とかもありますが)

American Music の良心 と勝手に名づけた お友達の輪、

欠けていたワンピースが見つかって missing link が繋がった!!

と、一瞬思いました。     けどね、、、、、、


とーます・にゅうまん 55年生まれ。

情報元を確認したら「コリーナコリーナ」つー映画のサントラ担当してて、

それ見た人が勘違いしたみたい。


チャララ ラッチャ チャン
a0040266_17221192.jpg

[PR]
# by alfetta20 | 2006-01-21 17:29

イタリアもの

a0040266_1941183.jpg


右・・・久しぶりに引っ張り出した j.j.cale のブートレグ。

思い出しました、 これ、イタリアものでした。

1975年12月31日、Sausalitoでのライヴ。

さ、さ、さんじゅう年前、、、、声が若い !!

おなじみのナンバーのほか、翌年発表の Cocain でシメてます。

左は81年のバス・ツアー(west United States & Canada ) を収録したもの。

マザーからダビングダビング・・・らしく、音も画像もモケモケですが

ずっとほっといたからDVDに焼いとかないと。
[PR]
# by alfetta20 | 2006-01-14 19:48

告白

a0040266_21472659.jpg
結婚披露宴のBGMに

Mexican Divorce を仕込んだのは わたしです

恋するメキシカン というダサイ邦題がついてますが

直訳すれば  ズバリ メキシコ式離婚


スルドイ来賓の方がいて

「縁起でもない !! 不謹慎ぢゃ !!」

と叱られることもなく ツツガナク うたげは 終了      
ま、BGMの大半がフラコ・ヒメーネスのアコーディオン中心
Texmex 一色だから無理もナイか

ずっとこのイタズラ 胸にしまっておこー。。。。。。
って もう バラしても いっか

Ry Cooder よく聴いてた   昔
でも Bop till you drop まで
go home girl Arthur Alexander に走ったり

そのうち little feat , XTC ,
刺激の強いのが欲しくなって 聴かなくなりましたとさ
[PR]
# by alfetta20 | 2005-10-20 20:43

Boomer's story

a0040266_23361295.jpg


Dan Penn を知ったのが、このアルバム

Dark end of the street 渋かったっす。

たしか、中のスリーブかなんかにモノクロ写真があって

でも、当時情報とか全然無くて

ふと見たNMMの広告で Dan Penn 発見!!

三鷹に飛んでいきました。 '78ごろかな?


それはさておき
 閑話休題

Maria Elena のJim Dickinson のピアノがかっこよかったので

てきとーに D とかで弾いてました、弾きやすかったから。

ある日、ギターも入れてMTRに録ろうと完コピするため聞き直したら

あらま、キーは B でした。

オープンGとか、Dなら弾いてたけど、オープンB!

なるほど・・・やってみて、オープンBでなければ

あの感じはだせないのでありましたとさ。

でも、ピアノはDで覚えちゃったのでいまさら・・・


じゃ、こうしましょう

エレピの移調機能を使って

Dで弾いてもBの音


メデタシメデタシ
[PR]
# by alfetta20 | 2005-10-14 00:31

Dan Penn 1st ?

a0040266_2215193.jpg


CCR "LODI " のカバーが入っている

これが、Dan Penn 1stでしょうか?

三鷹の輸入盤屋で朝並んで買いました。

LODI  以外は妙にベタベタ湿っぽいアレンジがなじめず、

カーステ用にカセットに落としてから

手放しました。

ジャケットはメチャメチャ渋かったんですが・・・
[PR]
# by alfetta20 | 2005-10-12 22:43